土間コンのメッシュ筋について

先日の監督さんとの打ち合わせの際に、以前「土間コン打設と建方準備」でも書いた土間コン内の鉄筋(メッシュ筋)について聞いてみました。概略は次のとおりです。

・土間コンの役割は防湿であり構造上の意味はないということ
・鉄筋を入れるのは乾燥後のクラック(ヒビ割れ)防止のため
・我が家の建築地県内の積水ハウスでは標準としているということ

でした。防湿が目的ということは以前にも書いたとおりです。ヒビについては土間コンが乾燥した後ヒビ割れが発生することがあり、施主側からクレーム(問い合わせ)が結構あったため、その対応として配筋の標準化を決めたとのことです。ヒビが入るといっても下まで貫くようなものではなく防水上も全く問題がないのですが、やはり見た目で気になるという声があったためのようです。地盤が特に弱いような場所では補強の意味で計算された配筋をすることはあるそうです。
[PR]
by t_ikkei | 2008-01-08 10:26 | 基礎工事
<< トイレのリフトアップ機能 今週の予定  >>