<   2007年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

久しぶりに傘マーク

先週から明日あさってと傘マークが付いていましたが、とうとう変わることなく明日は朝から雨のようです・・・・。建て方が始まってから晴れか曇りが続いていたので ”ついにきたか!”という気分です。最高気温も9℃とこの冬一番の寒さのようです。

明け方は雪もまじるとか・・・・
[PR]
by t_ikkei | 2007-11-26 22:42 | コラム

外壁にベルバーンが!

c0152079_11361193.jpg 建方工事が始まって2回目の週末、今日は三連休の初日、昼過ぎに現場へ行くと現場監督からもらった工程表のとおり、壁の構造用合板が1階2階とも全面に貼られていてモノコック構造が完成していた。しかも窓がすでに取り付けられていて段々家らしくなってきました。1階部分には防水透湿シートも貼られ工事が着々と進んでいると実感。監督の話によると、先週から今週にかけて壁合板、防水透湿シートの貼り付けとサッシ枠の取り付けを行ないますが、出来る箇所から次の作業に入るため同じ階でも場所によって進行具合が違ってくるということでした。

 今日は祝日なので通常は作業は休みですが、中では給排水関係の方が管の取り付けをしていました。折角なので中を見ようと西側の玄関に回ると、なんと一部ですがベルバーンが貼られていました。外壁関係は次の工程だと思っていたので意表をつかれました。ベルバーンには「クラフトボーダー」と「スレンドボーダー」という2種類があり、それぞれに色が3、4種類あります。我が家が外壁のアクセントに選んだベルバーンはスレンドボーダーのスムースチャコールという色です。スレンドボーダーは漆を塗ったような艶があり、ぱっと見は黒っぽく見えますが茶がかった濃いグレーで光の加減で良い感じの雰囲気を出します。外壁の色を検討していた頃、サンプルではなく実際に施工した現場を見てみたいと話したところ、このスムースチャコールという色は追加された色であることもあり関西ではあるが関東ではまだないということでした。ベルバーン以外の外壁部分は、吹き付けのベルアートSHでテールL(色はフェザーホワイト)を選びました。テールLは左官の最後に壁面を少し押さえ仕上げています。トラバーチンという仕上げにも似ていますが、押さえが少し控えめという感じです。展示場や実際の完成現場で両者を確認し最終的にはテールLに決めました。ベルバーンとのコントラストがどのようになるか今から楽しみです!

c0152079_11362072.jpgc0152079_11362990.jpg
[PR]
by t_ikkei | 2007-11-23 22:51 | 外装工事

天の恵みか、晴れマーク!

着工後、基礎工事の間は天気が安定せず、型枠組み立ての日には台風が直撃するなど、施主としてはやきもきする日々が続きました。
それが建方に入るとどうでしょう!天気予報は毎日晴れマーク!快晴とまではいきませんがご覧の通りです。

毎日毎日こんなに天気が気になった記憶は、あ・り・ま・せ・ん。

c0152079_22391849.jpg

[PR]
by t_ikkei | 2007-11-19 22:34 | コラム

気になって・・・

今日は日曜日、やっぱり進行具合が気になって昨日に引き続き現場に行きました。1階の壁には昨日はなかった9mmの構造用合板が取り付けられていました。

どんどん変わって(進んで)いきます。

この合板も工場でのプレカットのため現場では取り付けのみの作業のようです。ただ完全な取り付けはまだのようで、75mmピッチでの釘はまだ打たれていませんでした。良く見ると合板の表面はスライスカットされていて、木の節の部分がところどころ穴があいている箇所もありました。まあ構造的には影響はないと思いますが。

c0152079_22264753.jpgc0152079_2227325.jpg
[PR]
by t_ikkei | 2007-11-18 22:27 | 外装工事

”家”の形になりました!

暑さがなかなか抜けないと思っていたら、今日はこの秋一番の冷え込みで風も冷たく感じるようになってきました。
はやる気持ちを抑えつつ、9時前に現場に到着!早速確認すると建て方2日目には柱と梁だけだったのに、下枠や窓枠、屋根の野路板までついていて骨格だけですが”家”という立体的な空間が出来上がっていました。シャーウッドは木造でありながら作業工程がシステム化されているからやっぱり早い!と感じました。c0152079_226575.jpg
目に飛び込んでくる何もかもが目新しく感じたのと、次に来る時には今の状態はもう見れなくなっているかもしれない、と思いバシバシっと写真を撮りまくりました!つい1ヶ月前までは図面の上でしか見ることができなかった家が、いま目の前に聳え立っていることにワクワクしました。

展示場まわりに始まり何度も打ち合わせを重ね、漸くここまで来たかと思うと夢のようでした。

作業している方に許可をもらい家の中へ入って見ました。1階部分には次工程で使う窓枠や防水シートなどの資材が既に搬入されていました。当然2階への階段はまだできていませんが、工事用のはしごで2階へ上がりLDKや寝室、あらわし梁、グルニエなど今まで平面からイメージしていた各部屋を実際の空間で体感しました。

c0152079_21451562.jpgc0152079_2284518.jpgc0152079_2291192.jpg






夜になって監督のMさんから電話が入り、来週の工事スケジュールをこれからFAXしてくれるとのこと。
来週は壁の構造用合板取り付けと防水シート貼り、サッシ取り付け、それと並行して瓦取り付けを行なうようだ。
[PR]
by t_ikkei | 2007-11-17 21:26 | 建方工事

建て方開始!

c0152079_2232926.jpg昨日より建て方が始まりました!現場監督に聞いていたスケジュールでは、初日に1階部分と2階の床までを行なうとのことでした。今日は火曜日なので仕事なのですが、私にとっては一生に一度のことなので半休をとり午後現場へ駆けつけました。
徒歩で現場へ。
お~っ!そこには”積水ハウス””SHAWOOD”と刻印された柱が立っていました!ホワイトウッドと言うだけあって思ったよりも全体的に白く明るい印象でした。着いた時間がちょうど昼休みであったため作業はしていませんでしたが、2階部分の柱が建ち揃い午後から梁を組んでいくという状態でした。

暫くして作業再開。クレーンで1本1本梁をつり2階へ上げていき、MJ金物へサクッと組みドリフトピンで確実に接合していくという工程を何度も繰り返し組み上げて行きます。工程自体は単純で意外と地道な作業だなと感じました。

柱や梁には工場でMJ金物を取り付けた状態で現場へ搬入されます。又、2階の床にあたる部分には24mmの構造用合板が敷かれ家全体の耐震剛性を上げていますが、この高剛性床の裏面にも工場で根太が取り付けられているとは知りませんでした。プレカットもそうですがこれだけ現場での加工作業を無くせば、ミスも減り作業効率も上がり、ひいては施工期間も短縮されコストへも影響すると実感しました。作業分担もしっかりしており気が付くと下枠も付いていました。

c0152079_22333770.jpgc0152079_22335156.jpgc0152079_23515189.jpg






クレーンで吊るときに通常の柱や梁は、クレーンの先についている万力のような器具で直接はさんでいましたが、あらわし梁として使われる材料は写真のようにパッキンで包装されていて、吊る時も直接はさむのではなく予め巻かれていたしっかりとした紐を使っていました。

屋根部分に使用する資材を積み上げていますが、実際の組み立て作業は明日以降になりそうです。
お疲れ様でした。


c0152079_23422169.jpg

[PR]
by t_ikkei | 2007-11-13 12:34 | 建方工事

建て方前日

今夜、現場監督から連絡がありました。明日から建て方工事に入るという連絡とともに、以前お願いしていた上棟後シートを張る前の写真撮影についてでした。
というのも通常は上棟後にブルーのシートを四面に張るのですが、我が家の南側は駐車場に隣接しているため、資材などが車上へ落下することを防ぐため、その面だけでも上棟前にシートを張らせて下さいと、建て方さんから要望があったとのことでした。そういうことでしたらお気遣いなくシートを張って下さい、とお答えしました。
監督の話では、初めは四面張った状態で始めたいと言われたのを取りまとめてくれたそうです。
いろいろとこちらの要望を聞いて頂き有難いと思いました。
[PR]
by t_ikkei | 2007-11-11 19:38 | 建方工事

土間コン打設と建方準備

昨日、基礎の立ち上がり部分で囲まれた内側にコンクリートを流し込む作業が行なわれました。"土間コン"と言うらしいですが、これは構造上の役割ではなくあくまでも防湿の為の処理であると聞いていました。構造的なものではないため土の上に直接コンクリートを打設するのかと思っていたのですが、ここにもタテヨコに鉄筋を配筋した後にコンクリを流し込んでいました。積水ハウスの構造用カタログの基礎説明図にも配筋されていなかったので、ないものと思っていましたが鉄筋が入っている方がより安心ですね。
c0152079_2146368.jpg

 今日は一日雨の予報です。日中降ったり止んだりが続き、時々強く吹き付ける施主泣かせの天候です。現場に着くと既に建て方のための足場が組まれていました。基礎の状態ではさほど感じませんでしたが、足場が組まれ立体的になった為かなり大きく迫力を感じました。昨日打設した土間コンの上にはブルーシートが掛けられていますが、焼け石に水に思えました。表面は乾いているので問題はないのかもしれませんが、着工以降本当に気をもむ天気が続きます。建て方に備え午前中、柱と基礎をダイレクトジョイントする柱脚金物を固定するためのボルトの微調整作業をしたそうです。1箇所金具の穴に入らない箇所があったそうですが、調整がきく範囲だったため問題ないとのことです。
c0152079_2146587.jpg
c0152079_21473452.jpgc0152079_2148247.jpg
 明日一日おいた後、週明け月曜日からいよいよ建て方工事に入ります。着工後一番楽しみにしていた上棟作業ですが、積水ハウスの場合、工場でのプレカットとMJ金物でのMJ接合システムのため、2日間で2階部分まで出来上がってしまうそうです。以前監督に上棟の際、ブルーの保護シートを張る前の状態の写真を撮りたい旨伝えておきました。上棟すると数時間後には落下防止などのためこのシートが張られてしまうので、上棟直後の骨組みだけの状態はこの間を逃すともう見ることができない、と他のホームページで書かれていたので事前に話をしておきました。

 来週の天気予報では晴れマークが続いています!雨でも上棟は行なうとのことですが施主としては木材が濡れるのは嫌なものですよね。とりあえずホッとしました。
[PR]
by t_ikkei | 2007-11-10 13:36 | 基礎工事

基礎できました!

今日いよいよ脱枠し打設された基礎を見ることができます。今週の月曜日(29日)にコンクリを打設し、火・水・木と3日間乾かした後、昨日脱枠となったはずです。天気を除けば今日までスケジュールどおりの進み具合です。

今週も一日雨という日こそありませんでしたが、あまり良い天気ではなかったので基礎を見るまでは少し不安もありましたが、現場に着きそんな気持ちは吹き飛びました!見事にきりっと真直ぐにのびたライン!素人目にも良い出来だと感じました。ホームページを見ていると若干のクラック(ひび)や仕上がりの悪さがあったなどと書かれていることもあるので、少し心配しましたがそんなことは全くなく本当にきれいな仕上がりでした。
柱を固定する金具をとめるためのアンカーボルトもきっちりと収まっているように見えます。積水ハウスに決めて良かったと思った瞬間です。

積水ハウスの基礎の表面は、デザイン基礎といい御影石のような模様が付いています。このデザイン基礎は他の基礎とは見た目にも違うものなので、基礎を見ただけで積水かそうでないかが分かります。現在はコンクリの打ちっぱなし状態ですが、監督の話では最後にほんものの御影石に似せたものを吹きつけ仕上げるそうです。


来週は前半に外構のブロック積みを行い、後半に土間コンの打設と基礎ダイレクトジョイント金具の確認・調整を行なうそうです。

c0152079_2223134.jpg
c0152079_22231474.jpgc0152079_222323100.jpg
[PR]
by t_ikkei | 2007-11-03 12:39 | 基礎工事