<   2008年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

バルコニーを望む

c0152079_22524748.jpgバルコニーへはフルオープン窓とキッチンの窓の二ヶ所から出入りができます。その窓から見える景色は広大な大自然ではなく、イルミネーションに飾られたとても良い雰囲気のヨーロッパ風の建物です。その建物が何かは聞かないで下さい・・・   注:ラブホではありません(笑)



お見せできないのが残念ですが、これはこれでムードあるいい演出をしてくれます・・・







ブログ村に登録しました。クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
[PR]
by t_ikkei | 2008-01-31 22:55 | 仕上工事

我が家の背中

予定では明日で大工工事が終わるはずです。12月の初旬から約2ヶ月、もうそんなに経ったのか!?という印象です。あさってからはいよいよ仕上工事がはじまり、クロスもはられます。再来週にはほぼ完成し引渡しができる状態になる予定です。

登記関係の手続きはもうお願いしてありますが、これからは火災保険や電話などの申し込み、引越しの手配やらでバタバタしそうですー!!特に今、ネット回線をBフレッツにしようか、ひかりONEにしようか迷ってます・・・。なまじ専門分野なので・・・。

c0152079_2211593.jpg写真は我が家のおしりではなく背中です。結果的にこうなったのですが、ここまで揃ったスイング窓が良いのか悪いのか??
でも意外に悪くないんですよね。好き好きだと思いますが・・・







ブログ村に登録しました。クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
[PR]
by t_ikkei | 2008-01-30 22:13 | 家づくり

キッチン

c0152079_17532227.jpgきのう現場へ行くと1階に続き2階キッチンの取り付けが完了していました~!キッチンの流し台やカップボードについては、クリナップのクリンレディにしました。最終的な仕様決定間際の8月下旬にクリナップ製品のモデルチェンジがあったため、モデルチェンジ後の製品を妻が確認し決めました。特に大きな変更はなかったようですが、グレードによる色のバリエーションが変わったことや、フロアコンテナと呼ばれる部分の形状変更と色の追加、タオル掛けが付いたことなどがポイントだったようです。換気扇の自動清掃機能がついたようですが、説明を聞いた限りでは採用する必要をあまり感じなかったため選択はしませんでした。食洗機について妻はあまり必要性を感じていなかったようですが、私自身がやらなければならない時のために付けておいた方が良いのではと、半ば強引に採用しました~。001.gif

c0152079_17585730.jpgキッチンを選ぶの以上に苦労したのがカップボードですね。何度か細かい変更をした後最終的にこれに決めました。このトールを入れるかどうか、またシースルー扉の種類とか・・・。意外に大変でしたね・・039.gif






c0152079_17591285.jpg見た感じ、パントリーも結構収納力がありそうなので良かったと思っています。キッチンは全体的に白基調でキッチンに向かって右側にはバルコニーがあるので、結構明るい感じにまとまっているのでは、と思っています。狭いながらもLDとのつながりも満足な仕上がりです!




ブログ村に登録しました。クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
[PR]
by t_ikkei | 2008-01-27 18:03 | 設備工事

リビングの現し梁と天井

家づくりもいよいよ大詰めに差し掛り今日は半休をとり事務手続きのため慌しい一日でした!
夕方現場へ立ち寄ると予定より少し遅れているかなという感じでしたが、1階にはキッチンが設置されていました。1階については間仕切りも完了しており後はクロスを貼るだけの状態まで来ていました。ただ洗面台とトイレはまだ設置されてなく残念でしたが・・・。

2階へ上がると1階同様に間仕切りができ上がっていましたが、キッチンはまだ設置されていませんでした。キッチン部分はLDのフローリングとは異なり床にはタイルを選択していてそのタイルが貼られていました。夕方で暗くなっていたので全体像は分かりませんでしたが、妻はかなり感動していました!!我が家のキッチンは流し台、カップボードと床のタイルをすべて白系でまとめています。冷蔵庫も白になりそうです!

c0152079_0443930.jpg天井には板材が貼られていました!! 我が家のリビングの天井にはCW材の桧を選択しました。作業用のライトの明かりの元、現し梁と天井板がすっごく良い雰囲気を醸し出していました!!





ブログ村に登録しました。クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
[PR]
by t_ikkei | 2008-01-26 00:45 | 仕上工事

washitsu ~Japanese Tatami

今日は父の”こだわり”について少し書いてみます。
c0152079_2256215.jpg我が家が完全二世帯住宅であることは以前にも書いたとおりです。二世帯ということは親世帯と子世帯ということで、親世帯の年齢からするとやはり”和室(washitsu)”が欲しいということになるのは当然といえば当然です。”畳”という場所は私にとっては普段それほど意識もしない場所ではありますが、逆に考えると意識しないほど生活に溶け込んでいるとも考えられると思っています。実際和室がない場所に生活したこともありませんし、寝る時もベッドよりも畳の上に布団派です。

間取り作成に当たり、当初より父からは和室という希望が出ていましたので、普通に1階には和室が一部屋と考えていました。ところが和室には二つの造り方があるということを間取り作成の段階で知ることになりました。(実際にはもっとあるのかもしれませんが・・・)それは「真壁和室」と「大壁和室」という区分です。正確な違いは分かりませんが、真壁和室は柱や長押(なげし)があり天井も木が貼られ壁も塗り壁といった本格的な和室です。それに対し大壁和室は畳の部屋ではありますが、壁や天井はクロスが貼られている簡易的な和室というイメージです。大壁といっても付け柱や付長押といった後付の仕様もできるのですが。
和室にこだわった父は間取り作成時に大壁和室という表示を見て、真壁和室じゃないのか?と肩を落としていましたが、真壁の本格和室を造るとなるとそれなりのコストも掛かります。正直言って純和風の家ならばそこまでこだわる必要もあるかと思いますが、なかなか・・・。

ということで我が家の和室は大壁和室に付長押となりました。壁はクロスですが天井は板を貼りました。本格和室にこだわった父への配慮として畳は藁床(わらどこ)としました。これも歩くとすぐ分かるのですが、今の化学床(防虫の発泡材が入ったもの)の畳は硬い感じですが、藁床の畳は足に優しいです。その分メンテナンスは大変ですが・・・。



ブログ村に登録しました。クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
[PR]
by t_ikkei | 2008-01-23 22:57 | 家づくり

ペンダントライト到着

先ほど妻から注文していたダイニング用のペンダントライトが着いたとメールがありました!現物を見ずネットで注文しているので、一抹の不安はあるのですが帰ってからが楽しみです!今度の休みの日に現場へもって行き合わせてみたいと思っています。

ケーブルの長さ調整が必要なのですが、みなさんはどの位の位置にぶら下げているのでしょうか?テーブルについて目の高さよりも少し上くらいでしょうか?アドバイス頂ければ助かります・・・・・。床から何㎝とか分かれば是非お願いします!!
[PR]
by t_ikkei | 2008-01-22 12:50 | 家づくり

”憩いの間”というこだわり ・・・その2

c0152079_223992.jpg木工事が進んでいましたが、以前こだわりとして紹介した”憩いの間”も床が貼られていました。ここの床材は㈱マルホンのヨーロピアンオークのハンドスクレイプという手彫り加工がしてある無垢材を使用しています。このハンドスクレイプという加工は、通常はフラットな板を手彫りによって微妙な起伏を付けています。その表面を手でなでると波打っていてとても気持ちのいい肌触りです。今は養生がされていますので全体を見ることはできませんが、端の部分が少し見えていて塗りの色具合もすごく良い感じでした!!


c0152079_2235821.jpgまた、壁には写真のような造作があります。ここも塗りが入るのですが入り口の建具(戸)と一緒にやるようです。この造作がなんなのかは出来上がった時にご紹介しますのでお楽しみに!




c0152079_2242763.jpg天井にも細い板を貼り同様に塗る予定です。写真では分かりづらいですが、右上の石膏ボードの部分に板が貼られ、その左の少しへこんでいる部分にライトが付き間接照明が憩いの間を演出する予定です!




ブログ村に登録しました。クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
[PR]
by t_ikkei | 2008-01-21 22:06 | 家づくり

家づくりも佳境へ

我が家の家づくりもいよいよ佳境へ入ってきたようです。監督の話では今日にも一階の石膏ボード貼りが終了し、今週中には2階も含めた大工工事が終了するとのことです。最後の大物設備のキッチンも今週に搬入・取り付けられます。そうなればあとはクロスや照明、カーテンなどの仕上げ工事を残すのみとなります。

長いようで短かった家づくりも先が見えてきました。
[PR]
by t_ikkei | 2008-01-21 13:02 | 家づくり

ペンダントライトと我が決断!

c0152079_22491458.jpg以前、照明に関して着工後にいろいろと変更をしたことを書きましたが、ダイニングに付けるペンダントライトを今日買いました~!写真左です。
我が家は家電製品や家具についてはほとんどが買い替えになる予定です。入居後すぐにないと不便なもの(テレビ、冷蔵庫、洗濯機)については引越し前に買う予定ですが、テーブルやTVボードなどの家具やアクセントラグなどはある程度、部屋のイメージを見てから考えようと思っています。
そんな中、ダイニングの照明に付いては図面の段階のダウンライトからペンダントライトにすることを着工前に”決断!”したはいいものの、どういうペンダントライトにするかは白紙の状態でした。元々照明に関してそれほどのこだわりがなかったこともあり、正直なところ勉強不足でありました。変更を決めた後インターネットやカタログでイメージに合いそうなものを物色し決定したのが、左下のオーデリックの照明です。照明については、いずれ交換しなければならないことを考えるとやはり取り外しが容易な引っ掛シーリングにしておいた方が良いと考えていました。

c0152079_22504896.jpgやっと決まりホットしていたのですが・・・、 「やっぱり現物を見ておいた方が良いんじゃない?」と耳元でささやきが聞こえたのか空耳か・・・。そして去年の年の瀬オーデリックのショールームへ。見てきました・・・、予感は的中!そして変更を決断しました。そして次に決めたのが右下のものです。こちらはコイズミ製ですが取り付けに工事が必要であったため不採用としていたものです。しかしもうこれ以上良いものが見つかりそうもなかったので取替えの時は工事を頼めば・・・くらいの心境に至っていました。c0152079_22512061.jpg

照明変更のためお願いしていたシーリングの取り付けから、照明器具の取り付けに変更する旨を監督にお願いしました。しかし、またまた耳元で悪魔のささやきが・・・。「部屋のイメージとあってる!?」照明単体で見れば良いものなのですが部屋の壁や家具との調和を考えるとどうでしょう?そして決断!左下の照明(オーデリック)のものへまたまた変更しました。これはショールームで現物を確認しています。その時点では目には留まったもののやはり取り付けに工事が必要なこともあり敬遠していたものです。

c0152079_22513165.jpgこれで決まりだと思ったのもつかの間、またまたまたささやきが・・・・
インターネットで以前見ていて気になっていたものの、これは工事が必要だろうし交換用の電球も特殊なもので維持が大変そうだとはなから諦めていた照明が、問い合わせたところ取り付けは引っ掛けシーリング、しかも交換電球は手軽に手に入る市販品とわかり急浮上!!そして決断しました!

さすがに気が引けましたが再度変更の連絡を監督へ・・・

いやいや、照明でこんなに悪戦苦闘するとは思いもしませんでした。気にしなければあっさり決まったと思うのですが、一度気になりだすととまらない性格なもので・・・・・

最後まで読んで頂いて有難うございます。ダウンライト全盛の時代にペンダントライトでこんなに悩むとは・・・と思いますが、記録に残しておこうと書いてみました。

自分の”決断”がいかに軽いものかと思わせられる出来事でした・・・


ブログ村に登録しました。クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
[PR]
by t_ikkei | 2008-01-18 23:31 | 家づくり

壁の補強・・・・あれっ!?

年初に監督と壁の補強などについてかなり時間をかけて打ち合わせをしたことは、先日のブログでも書きましたが、その壁の補強作業が先日行った際にはすでに完了していました。c0152079_22352589.jpg

写真がその補強された壁です。補強自体はしっかりと全く問題がなくなされているのですが、現場で見て005.gif「あれっ!?」と思ったのは、その補強場所(面積)です。というのは、監督との打ち合わせ時に補強の高さや位置について、10cm刻みで打ち合わせのにもかかわらず実際はそれ以上の範囲で補強がなされていたのです。上の写真は床から天井まで補強がされていますが打ち合わせでは、”床から40cm~130cmの場所を補強する”となっていました。c0152079_22465625.jpgまた、下の写真は、壁の上部に5枚の補強板が取り付けられていますが、打ち合わせでは真ん中の2枚だけ貼る予定でした。実際10cm刻みで位置を指定することは、壁もなく周りも施工途中であったりする中ではかなりイメージしづらく、はっきり言って面倒な作業でしたので、「この面全部!」という支持でよければそうしたかったのですが、作業の手間や部材代を考えると細かくしてした方が良いのかと思い打ち合わせました。007.gifそれなのに~・・・という感じがしました。

後日、別件で監督へ電話をした際に確認したところ、打ち合わせどおりに指示は出してあるのですが、大工さんの方で作業をするときに後々補強面積が少ないとクレームが付かないよう、広めに施工することがあるとのことでした。見積上は打ち合わせの面積にて算出するので問題はありません、とのことでしたが、あの打ち合わせに要した時間が・・・・042.gif




ブログ村に登録しました。クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
[PR]
by t_ikkei | 2008-01-16 22:37 | 木工事