タグ:憩いの間 ( 5 ) タグの人気記事

引越し、ちょっと憩いの間

先日引越しが終わったものの旧宅の後片付けやらいろいろな手続き、買い揃えなどでブログの更新もままならない状況です・・・。

引越しは、以前一度お願いしたサカイ引越センターさんに今回もお願いしました。大物の家具や家電はほとんど捨てるため、運ぶ荷物としては少ないと思うのですが4人の方が来てくれました。みんなガタイがよくテキパキとほんの小一時間で運び出しが完了!
かなりの大物不用品がでるのでいくつかの家具については、契約のときに引越し屋さんに階下に下ろすところまでをお願いしてありました。そして事前にお願いしておいた不用品の回収屋さんには階下で待機してもらい、不用品の回収をしてもらうという連携プレイでした。

c0152079_22571014.jpgまだまだ生活空間には程遠い状態ですが、写真は以前にもお話した”憩いの間”です。なかなか分かりづらいのですが、引渡し前に取り付けられた格子戸は厚みが打ち合わせよりも1cm薄かったので、最終的に作り直すという対応をしてもらいました。出来上がってみるとやはり1cmの違いは歴然で、妥協しなくて良かったと思います。



c0152079_22575166.jpg床は”マルホン”のヨーロピアンオークのハンドスクレイプという手彫りの加工がしてあって、床全面が波打っていて素足で歩くと心地よい刺激があります!この色も通常は二度塗りまでとのことですが、希望の濃い目の色が出るよう限界まで塗って下さったようで、とても気に入っています!

壁には焼酎の瓶や小物が置けるよう作り付けの棚を付けてもらいました。

この部屋に置く小物はいろいろとありそうで、これからが楽しみです!!




ブログ村に登録しています。ワンクリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
[PR]
by t_ikkei | 2008-03-17 23:07 | 引渡し後

問題発生!!

完成間近に来て少し検討しなくてはいけないことが重なりブログの更新が滞っていました。
先日、引越しの手配も済みあとは電話関係と火災保険です。電話については先月中に手続きをしようとしたのですが、逆に早すぎるのでもう少し経ってから・・・と言われてしまいました。1月までのキャンぺーンが結構良かったので、2月のキャンペーンがグレードダウンしたり初期費用を払う羽目にならないかと心配したのですが、2月のキャンペーンは少しグレードアップしていてホッとしました!光回線の敷設の初期費用(約¥30000)は払わないことが前提のようなものなので払うことになったら馬鹿馬鹿しいですから。

火災保険も正直なところ契約の頃に決めておきたかったのですが、なんか後回しになってしまいました。外構もバタバタ決めなくてはいけないような雰囲気が・・・・。そんなにやるところもないのですが(苦笑)


さて、先週末現場へ行くとクロスが貼り終わっていて、床の養生もとられていました!!うぉ~っと感動的でした!ただクリーニングは未だだったので工事の削りかすや屑などで床や建具などが汚れていたのが残念でしたが・・・。あらためて我が家を見回してみると、各部屋は小さいながらも個々のパーツは贅沢だったかな、と自画自賛してしまいました。


とそこで問題発生!!例の憩いの間の格子戸と天井の塗りの具合が打ち合わせと違っていたのですー!!打ち合わせ図面には天井の塗りはある展示場の天井のイメージと書かれているし、格子戸の戸の厚みもサンプルで確認しているのに、何故!?と言う感じでがっかりしました。床については色も床に貼った無垢材の印象も期待どおりに仕上がっているだけに残念です。
もちろんこの件は監督さんに話をしてあり、どういう対応をしてもらうか検討してもらっています。納得できる対応を期待していますが、引渡し予定日が近づいているので気になります。

今週には施主検査が行なわれます。




ブログ村に登録しました。クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
[PR]
by t_ikkei | 2008-02-13 12:46 | 家づくり

”憩いの間”というこだわり ・・・その2

c0152079_223992.jpg木工事が進んでいましたが、以前こだわりとして紹介した”憩いの間”も床が貼られていました。ここの床材は㈱マルホンのヨーロピアンオークのハンドスクレイプという手彫り加工がしてある無垢材を使用しています。このハンドスクレイプという加工は、通常はフラットな板を手彫りによって微妙な起伏を付けています。その表面を手でなでると波打っていてとても気持ちのいい肌触りです。今は養生がされていますので全体を見ることはできませんが、端の部分が少し見えていて塗りの色具合もすごく良い感じでした!!


c0152079_2235821.jpgまた、壁には写真のような造作があります。ここも塗りが入るのですが入り口の建具(戸)と一緒にやるようです。この造作がなんなのかは出来上がった時にご紹介しますのでお楽しみに!




c0152079_2242763.jpg天井にも細い板を貼り同様に塗る予定です。写真では分かりづらいですが、右上の石膏ボードの部分に板が貼られ、その左の少しへこんでいる部分にライトが付き間接照明が憩いの間を演出する予定です!




ブログ村に登録しました。クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
[PR]
by t_ikkei | 2008-01-21 22:06 | 家づくり

床材変更騒動(西へ東へ)

今回の家づくりにあたってこだわりの一つが床に無垢材を使用する、と言うことでした。ハウスメーカーを決定する際にもう一社、住友林業さんを検討しており、住林さんの良い点はズバリ”樹の素材を生かしたパーツ”が豊富であるところでした。特に床材は無垢材以外にも挽板という、表面にかなり厚み(1mm位だったか)がある樹をスライスしたものを貼り付けた床材も用意されていて、樹種も豊富でした。その中でも我が家は'チーク材'に意見が一致し、ここを原点にインテリアを検討していました。当初、積水ハウスでの床材ももちろん'チーク'を選択し、クリアとカームの2種類のチーク材の内'クリアチーク'を選択していました。正直な話、住林さんのものと比較すると少し見劣りしました。住林さんの無垢材が良く見えるのは、フロアに敷いた時に溝になる箇所をテーパー処理してある為だと思いました。実際、営業の方はこの加工は他ではできないと言っていました。とはいえ積水でその床材が使えるわけではないので、かなり早い時点でそこは割り切っていました。

間取りなどの検討も進み、インテリアコーディネーターの方を交えた打ち合せの前になり、念のためサンプルではなく、実際にフロアに貼った状態を見てみようと営業さんにクリアチークを貼った展示場があるか聞き、両親共々見学に行きました。まさかその後、重量・軽量鉄骨も含めた県南の全ての展示場の積水ハウスを見ることになるとは、想像もしていませんでした・・・・・・。(皆さん良く対応して頂きました!)
そうなんです、実際に貼られたクリアチークの評判が悪かったのです。私自身も「んっ?」と思いましたが、女性陣がNGでした。恐らくその展示場が日本瓦に真壁和室といった、純和風の家だったこともかなり影響していると思います。そこの展示場には、子供部屋に予定していたクリアバーチ(無垢ではない)も貼られていましたが、その評判も良くありませんでした。結局、当初より決定していた床材を初めから決め直すこととなりました。こうして毎週、西へ東への展示場回りが始まったのです。

最終的に我が家がクリアチークに代わり決めた床材は'クリアバーチ'です。幾つかの展示場に貼られていて、チークに比べるとかなり明るい色です。元々中間色を好んでいた我が家にとっては意外な選択でした。床材が変わると当然ドアやサッシフレームなどの建具の色も変わってきます。結果として我が家の2階には積水ハウスで言うところのライトロンギー(LR)色が多く使われるようになりました。小さい子供にとっては明るい色の方が良いのかも知れませんが、実際に完成するまで少し不安があるのが正直な今の気持ちです、ハイ。子供部屋も結局'クリアメイプル'に変更しました。初めにこだわった'クリアチーク'は、寝室の畳寄せ(?)として少し使用することにしました。

床材については、積水オリジナルでない木材を使うという選択肢もありましたが、我が家ではオリジナル品でまとめました。ただ一箇所だけ、例の憩いの間"の床は、㈱マルホンのヨーロピアンオークのハンドスクレイプという手彫り加工がしてある無垢材を選びました。
ともあれこうして床材変更騒動も一件落着となりました。

ブログ村に登録しました、クリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
[PR]
by t_ikkei | 2007-12-04 12:59 | 家づくり

”憩いの間”というこだわり

c0152079_1324579.jpg午前中営業のTさんから連絡があり、”憩いの間”(間取り検討の間こう呼んでいました)に付ける格子戸と床材のサンプルが届いたのでこれから持ってきてくれるとのことでした。”憩いの間”というのは、今回家を建てるのあたってこだわった部分の1つです。”憩いの間”ですので部屋の一つではあるのですが、大きさは2帖弱のせいぜい2人用の小さな部屋です。名前の通り落ち着いてくつろぐことを目的とした部屋なのですが、どういった仕様の部屋にするかは打ち合わせを進める中で決定していきました。私が漠然とイメージしていた部屋は”和風”の部屋、但し畳は使わず木の床で色は濃い目の色、出入り口の戸には格子戸を使う、天井も木を貼り壁は白系の塗り壁、と言うものでした。初めて”憩いの間”のイメージを営業さんに説明するときには、戦国時代の武家屋敷(畳でなく板ばり)のような、居酒屋のような・・・という説明をしました。その時点では正確に伝わったか分かりませんが、その後の打ち合わせを経て営業さんや設計さん、コーディネーターさんにはなんとか伝えることができたと思っています。間取りを検討する中でいくつかボツになった希望もあるのですが、この”憩いの間”は最後までこだわったものの一つですので、完成を今からすごく楽しみにしています。
「居酒屋モダンなシャーウッド」 このブログのタイトルもここから来ています。
c0152079_1333998.jpg
[PR]
by t_ikkei | 2007-12-01 11:50 | 家づくり