防火サイディングと床下地施工

c0152079_1347535.jpg一週間ぶりに現場へ行きました。丁度お昼に現場へ着くと予定通り防火サイディングが取り付けられていましたが、まだ途中のようで2階部分はこれから取り付けを開始するようです。
現場には職人さんの他に積和建設の監督さんがおり、資材の搬入受け入れをしていました。私たちに気づくとすぐに挨拶に来られましたので、「後で中の様子を見たいのですが?」と聞くと快くOKしてくれました。資材の搬入は大体週に1回のペースで行なわれ、今回で第8便とのことです。
中に入る前に父から、1階は床の下地が貼られているので土足ではなく上履きに履き替えないと言われました。職人さんも外履きと内履きをはき分けているとの話なので私達も急きょスリッパを用意することになりました。そこまで気を遣って頂いていることに感謝しました。

中に入ると合板(12mm)が貼られており搬入された資材が各部屋に山積みとなっていました。土間コンの基礎が見えている状態から下地とはいえ床が貼られると、”室内空間”ができてきたという印象を受けました。仕上げのフローリング材が貼られるのが今から楽しみです!合板の下には断熱材のポリスチレンフォーム(94mm)も施工されており、天井を見上げると2階キッチン部分の給排水管が取り付けられていました。写真の赤が給湯管(温水)・青が給水管(冷水)でグレーの塩ビ管が排水用で、排水管には防音用のシートが巻かれるはずです。
c0152079_1444746.jpgc0152079_145191.jpg







1階のLDの部分には床暖房を敷くため写真のように他の部分とは段差が付いていました。又、室内の耐力壁にも構造用合板が取り付けられていました。
建て方に比べると木工事はすぐに大きな変化が出るわけではない気がしますが、一つ一つ完成時の状態へ近づいていることを実感でしますね。2階についてはまだこれからのようですが、来週が楽しみです!c0152079_1451387.jpgc0152079_1452398.jpg








ブログ村に登録しました。クリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
[PR]
by t_ikkei | 2007-12-09 14:03 | 木工事
<< 展示場の’お気に入り’ 部屋の明るさと施主心理・・・ >>